てしごと はじめのいっぽ!

日々の暮らしに手仕事を。

こども手仕事~きんちゃく袋の作り方

f:id:mizugame23:20200313114653j:plain


縫い目と縫い代が表に出ないデザインなので、子どもが作っても立派に見えるものが出来上がります。 

9歳以上から作れますが、最初は適宜大人のサポートが必要です。

慣れるまでは、裁断から完成までは4~5時間くらいかかりますので、数日に分けて計画してもよいでしょう。

サイズを考える

まず、どんな大きさの袋を作りたいか、考えます。

子どもの意志を尊重しつつ、一緒に考えましょう。

思い浮かばないときは、今持っている袋のサイズを参考にするとよいですよ。

最初からあまり大きいと、縫うのが大変かもしれません。

今回は、タテ20cm x ヨコ19cm の袋を作ります。

材料と道具をそろえる

作業中に「アレガナイ!」「コレガナイ!」となって、集中力が削がれないように、準備をします。

準備をコツコツ進めることが、「計画性」「段取り力」を育てます。

大人も手伝うか、見守り、最後にそろっているか一緒に確認しましょう。

 <材料>

1. 布 綿100%のブロード、シーチング、オックス、デニムなら6~8オンス。

質のいい布を使いましょう。技術(のなさ)をカバーし、良いものが出来上がりますので、子どもの満足度が上がります。

作りたいサイズから計算します。計算間違いがないか、必ず大人がチェックしてください。

作りたいサイズをタテ△cm x ヨコ◎cm とすると

  • 上下の向きがある場合 (⇓の布のように、文字が入っていたり、顔の向きが上下決まっているもの)
    タテ(△+2)cm, ヨコ(◎+2)cm。作成例の場合は、22cm x 21cmを2枚

  • 上下の向きがない場合 (下のような無地の布や、チェックなど)
    タテ(△x2+2)cm, ヨコ(◎+2)cm)を1枚
    または 長さが足りないときは、タテ(△+2)cm, ヨコ(◎+2)を2枚でもOK。
    作成例の場合は、42cm x 21cmを1枚 または、22cm x 21cmを2枚

2. ひも 

  • 5mm幅くらいのもの。出来上がりの ヨコ(◎x2 +10 )cm くらい。 

3. 縫い糸  

  • 手縫い糸。できれば「綿100%」のものを。(石油製品を使わないことで、環境問題への教育につながります)
    ミシン糸を手縫いに使うと絡まりやすいです。理由は、「縒り(より)」が逆だから。⇓に詳しく書いてあります。

    ミシン糸・手縫い糸に関する糸の撚りのことは株式会社フジックス

  • 細口がベターですが、何でもOK。
  • 色は、できれば布に合わせて。でも、あるものでOK

4. 刺繍糸

<道具>

A. 型紙作り

  •  型紙用の紙(コピー用紙、古いカレンダー、古新聞など)
  • ものさし 
  • 筆記用具

B. 裁断

  • マチ針(10本あればOK。数を数えておく)

個人的に、このマチ針かわいいなあ、といつも思っています。

  • 針山
  • 裁ちばさみ

C. 印付け

  • 方眼定規(なければ、ものさしでOK。あればとても便利!)

  • チャコ

 

D. 裁縫 

  • 縫い針(子供の手に合うよう、短めがいいでしょう。安全のため、1本だけ。)
  • 糸切りばさみ(↓の糸切りカッター、使いやすくて面白いので講座で人気です!)

    • ヘラまたはアイロン

      下の子がいる、ちょっと目を離したいなど、アイロン置きっぱなしにしづらいときは、ヘラが便利です。 

⇓もとても便利だそうです!(Mさん情報ありがとう)

  • 糸くずを入れるゴミ箱

※ チラシや裏紙で作っても。作り方は

matome.naver.jp

E. 仕上げ

刺繍針(刺繍糸が通る穴の大きさ)

紐とおし または ヘアピン

A. 型紙を作る

型紙を作ります。一度作れば、同じ形をたくさん作れます。

子どもが作れると思います。あまり口出しせずに見守りましょう。

布に上下の向きがあるものは、
型紙① タテ(△+2)cm, ヨコ(◎+2)cm

布に向きがないものは、次のどちらかを作ります。

型紙②  タテ(△+1)cm, ヨコ(◎+2)cm

または型紙③ タテ(△x2+2)cm, ヨコ(◎+2)cm の型紙を、カレンダー裏や新聞紙などの大きな紙で作ります。

f:id:mizugame23:20200313080043j:plain

B. 布を切る(裁断)

型紙を布にマチ針で止めて、裁断していきます。配置は必ず大人が確認します。

難しそうであれば、途中まで大人が「お手本」を見せましょう。

向きがあるもの

型紙①を使います。

向きがないもの

タテの長さが足りないときは、型紙①で上と同じように裁断します。

タテの長さがあるときは、型紙②を使うと
f:id:mizugame23:20200313080722j:plain

 型紙③を使うと f:id:mizugame23:20200313080043j:plain

C. 印を付ける

型紙の通りに、ぬいしろのしつけをします。

方眼定規とチャコペンを使います。

あきどまり」は、とくにしっかり。

2枚とも「向きがない生地」の場合は、

底に返し口が作れないので、どちらか1枚の横一辺の部分に5cm程度の「あきどまり」を作ってください。

f:id:mizugame23:20200313121954j:plain
f:id:mizugame23:20200313122020j:plain
一枚は左のようにしるし通りに、一枚は右のように「あきどまり」を作ります。

 

f:id:mizugame23:20200313113501j:plain

あきどまりはマチ針で止めておきましょう。

D. 縫う

D1.一つ一つの袋を作る

玉結びは、小学生ならば教えればできるでしょう。

糸は2本取りをオススメします。2本取りならば、玉止めできなくても大丈夫。 

縫い方と、大人の見守り方のコツは↓と同様です。

www.wonders.fun

 

縫う部分はここです。

 

f:id:mizugame23:20200313122656j:plain



f:id:mizugame23:20200313121954j:plain


 または

f:id:mizugame23:20200313122020j:plain

 

ゆっくりでいいから、丁寧に。

でも、丁寧にできなくても、叱らないで大丈夫ですよ。「その子なり」を大切に。

もし口出ししてしまいそうなら、大人も1つ作ってみましょう。 

自分も熱中できることがあれば、余計なことを言わずに済みます。

 縫い始めと縫い終わりは、返し縫いをします。

f:id:mizugame23:20200313081354j:plain

f:id:mizugame23:20200313113620j:plain

 

f:id:mizugame23:20200313082109j:plain

縫えました。

縫い代が重なると、分厚くなってしまうので、角を落とします。

切りすぎないように、見守ってください。「大人の仕事」にしてもいいでしょう。

間違って切りすぎた場合は、少し内側を縫って穴をふさぎます。

f:id:mizugame23:20200313082157j:plain

角を落とします。

f:id:mizugame23:20200313082124j:plain

縫い代を開きます。アイロンがベターですが、面倒ならばヘラでもOK.

D2. 重ねる

一つの袋を裏返します。

f:id:mizugame23:20200313091555j:plain

表面どうしが合わさるように、ピッタリ入れます。

きっちり合うように大人の目で確認して、マチ針を打ちましょう。

 f:id:mizugame23:20200313091759j:plain

2枚の袋を縫い合わせます。ぐるりと一周。

縫えたら、一枚の袋を引き出して
f:id:mizugame23:20200313092259j:plain

返し口から、引っ張り出すと……

f:id:mizugame23:20200313092220j:plain

f:id:mizugame23:20200313092525j:plain

こんな感じ。形を整えます。

D3. 返し口を綴じる

返し口を閉じましょう。

f:id:mizugame23:20200313092708j:plain

内側から入って……

f:id:mizugame23:20200313092713j:plain

折山を渡る、コの字綴じというやり方です。

f:id:mizugame23:20200313092719j:plain

アイロンまたはヘラで、形を整えます。

f:id:mizugame23:20200313093214j:plain

D4. 紐とおし口のステッチ

いよいよ最後のステッチ!

上から1.5cn、その線から3cmのところに線を引きます。

大人も一緒に確認しましょう。

f:id:mizugame23:20200313114213j:plain



紐とおし口のわきから入って……

f:id:mizugame23:20200313093307j:plain

チクチクと。裏側も見えるから丁寧に。

早く仕上げたいという気持ちや、大人も子どももそろそろ疲れているから、きっと縫い目が乱れることと思います。

でも、上手にできなくても、叱らなくても大丈夫。どうしても気に入らなかったら、あとからやり直しもできますから、ほどほどでいいので完成を目指しましょう!

 

f:id:mizugame23:20200313093458j:plain

一周したら「おかえり~!」ここで玉止めです。

f:id:mizugame23:20200313093630j:plain

2本縫いましょう。

f:id:mizugame23:20200313093658j:plain
f:id:mizugame23:20200313093708j:plain

E. 仕上げ

最後です!紐通し!

紐通しがない場合は、ヘアピンや安全ピンなど代用できます。

 

f:id:mizugame23:20200313093811j:plain

f:id:mizugame23:20200313093824j:plain

できあがり!

f:id:mizugame23:20200313093839j:plain
f:id:mizugame23:20200313093845j:plain

お疲れさまでした~!おめでとう!!
達成感!ですね。
気が向いたら、2つ、3つと作ってみてくださいね。

キット販売

材料をそろえるのが大変な方のために、キットを作成しています。

  • 布2枚(出来上がり タテ23㎝ヨコ19㎝くらい)
  • 刺繍糸
  • ひも2本
  • 作り方(内容はこの記事同様)

ご自身でご用意いただくものは、縫い糸(表に出ないので何色でもOK)と、裁縫道具のみ。

mail@wonders.fun(西岡) まで、お気軽にお問い合わせください。