てしごと はじめのいっぽ!

日々の暮らしに手仕事を。

手仕事がお母さんに必要な理由

「一億総活躍」とか「輝く女性」とかいう言葉が、数年前から聞かれるようになりました。内閣府が掲げたキーワードです。

そもそも、生きてるだけで十分輝いているし、死してなお、誰かの胸の中で輝いているのに。生きるって、そういうことでしょう?

それに、子育て中の女性は特に、疲れてあたりまえ。キラキラの貴金属のようではなくても、お母さんたちは朝露のように、ささやかに光っています

毎日、毎日。だれも見てなくても。

それは、履歴書にもかけない。お給料にもならない。でも深い深い輝きです。

これ以上お母さんたちを追い詰めないでほしい、そう思いました。

どこの代理店に頼んで、どれだけお金かけて決めたんだか知らないけど、

行政の支援って、結構な確率でちょっとずれている

私たちの求める「子育てひろば」とは

私の上の子はもう高校生になりますが、彼女が小さいころ、「子育て支援ひろば」なるものに、行ったことはあります。

社交的なご近所の友人は、「友達を作りに」「情報交換に」と、足しげく通っていたようですが、「友達って、作るもんじゃなくてできるもんではないだろうか……」と、小学生のころから思っていた私には、「交流」だけが目的の場は、ちょっと居づらいのでした。

ところが、子どもたちが幼稚園に入り、手仕事を習い始めると、そこに通い、学ぶうちに、友達ができました。友達を作るつもりはなかったのに。

手仕事の場は、黙っていてもいい。無理に会話を続けなくてもいい。

f:id:mizugame23:20190116171125j:plain

人類の長い歴史の中で、「手仕事」は、友達作りの大きな役割を果たしてきたのです。

そこで、手仕事のある集いの場を、始めてみました。それが、「てしごとひろば」です。

y-steiner-kodomo.com

子供だましではない手仕事を学びながら、気が付けばママもお友達。

本物の自然素材の材料を使い、針も火も使います。スタッフはもちろん、参加者みんなで気を付けて、場を作っていく。

だから、ろうそくもできます。

f:id:mizugame23:20190402080813j:plain

これは、公的な「ひろば」事業の中では、できないことです。公的広場は、予算がない。そして、「安全であること」「衛生的であること」が、最優先事項だから。

でも、私が通っていたころ、ひろばの方々がきっと一所懸命考えてくれたであろう、紙コップやペットボトルを使った「ガラガラ」や「飛び出すおもちゃ」の工作は、私の内側を真に満たすものではありませんでした。

「子育て中だし、こんなもんだよね」と。

だけど、手仕事は生活の中にあるものです。そして、生活には、危険も不衛生もつきもの。ちょっと手間がかかるけれど、付き合い方次第ですよね。

子育て中でも、工夫次第で、いろんなことができます。「てしごとひろば」では、そんな工夫も、実践から学ぶことができますよ。

子育て中にできないことも、もちろんあります

でも、できないことも、もちろんあります。たとえば、ミシンは難しい。

よし、子が昼寝した、と思ってミシンを出してきて、糸調子を始めて、さあ縫えるぞ、というところで起きる、なんていうこともよくありました。

ミシンの歴史は、19世紀から。まだできて、日が浅い。「子ども」の方が、1万年ほど、先輩です。 

だから「手縫い」を覚えました。お母さんの手の動きを、子どもは見ていないようで、よ~く見ています。

実はできることのほうが多いし、子育て中でなければ通り過ぎてしまうような楽しみも、暮らしの中にはたくさんあります。

f:id:mizugame23:20181125075337j:plain

一緒に手仕事しませんか

手仕事は「いいお母さんね」って言われるためにあるわけではなく、ましてや上手だとか早いだとかを比べるためにあるわけではありません。

これまで自分の頭脳や、財力、体力で、難局を何度も切り抜けてきた、という方もいらっしゃるでしょう。

でも、子育てには、親子ともに気持ちを分かち合えるお友達が大切で、手仕事は、そのお友達作りの、口実になるんです。お母さんには、小児科のお医者さんよりも、保健士さんよりも、何よりもお友達が必要なんです。

www.wonders.fun

子どもが傍らにいて、彼らは彼らで自由に過ごしながら、お母さんはただそれを見ているのではなく、お母さん自身も、何かを学び、しかも生活につながることができる。

そんな手仕事を提案する場を、もうひとつ始めます。

y-steiner-kodomo.com

「てしごとひろば」との違いは、テーマが自由であること。

素材の持ち込み自由、現地でも材料販売しています。

また、お昼ごはんもご用意しているので、ご一緒にどうぞ。

4/15(月)横浜シュタイナーこどもの園(横浜・反町/三ッ沢下町)
10:00~12:30
一般¥2,000 会員¥1,800
■お昼ごはん付き
■ 当日入会可
■ 材料費別

お申し込みはこちら

どうぞお気軽に!
手仕事関連の最新情報は LINE@ にて

友だち追加

遠方で来られない、という方は

とりあえずこの本を読んでみてください⬇︎

wonderste.thebase.in

 ⬇︎電子書籍はこちら⬇︎

 

 

ハンドメイドの会には、赤ちゃんや子どもがたくさん 。

どうぞお気軽にお越しください。

4/10(水) 羊毛ボール お申込みはこちら

f:id:mizugame23:20190402084852j:plain

4/25(木)ちいさなこびと お申し込みはこちら

f:id:mizugame23:20190402084533j:plainそして

4/28(日)はハンドメイド祭り。

大人気の手仕事ばかり、ギュギュっと集めました。ご家族みんなできて、それぞれお好きなアイテムに挑戦してみてください!

 

虹染め お申し込みはこちら

f:id:mizugame23:20190402084609j:plain

 

お父さんにオススメ!積み木 お申し込みはこちら

f:id:mizugame23:20190402084601j:plain

 

フェルトポーチ お申し込みはこちら f:id:mizugame23:20190402084548j:plain

   

ハンドメイド講座

f:id:mizugame23:20181209072301j:plain

おはなし会として、

シュタイナー子育てからヒントをもらうお話会~のびのび育つ 個性と才能の根っこ~」というものも、月一回開催しています。

第6回 4/5(金)は満席につき、7回目の開催は5/18(土)になりました。
詳細はこちらで。

シュタイナー子育てからヒントをもらうお話会~のびのび育つ 個性と才能の根っこ~

 

 

 「てしごと はじめのいっぽ」や手仕事の材料など

wonderste.thebase.in