てしごと はじめのいっぽ!

日々の暮らしに手仕事を。

ゆっくり、ゆっくり

みつろうキャンドルづくりのワークショップを開催しました。

春休みだったので、子どももたくさん参加がありました。

大人も子供も、みんな真剣。

アツアツの蜜蝋を使うので、危ないかな~?、と思いきや、「ゆっくり、ゆっくり~」と静かに声をかけると、じ~っと息を潜めて、丁寧に作業ができます。

 f:id:mizugame23:20190402080800j:plain

f:id:mizugame23:20190402080759j:plain

たよりになる、小学校3~4年の子たちが、かっこよく静かにやるので

f:id:mizugame23:20190402081536j:plain

 1年生も自然にまねっこして、

f:id:mizugame23:20190402080824j:plain

もうすぐ1年生の子も、もちろんできる。

f:id:mizugame23:20190402080813j:plain

幼稚園の子もできる。

f:id:mizugame23:20190402080837j:plain

f:id:mizugame23:20190402080528j:plain

3歳だって、ゆっくり、ゆっくり、できました。

楽しかったね。

「早く、早く」「仕上げましょう」こんな声かけはよく聞くし、言ってしまうけれど、「ゆっくり」は、今時なかなか珍しいです。
そして、「ゆっくり」は、実は、ただ頑張ればいい「早く」よりも難しい。

木の粘土でろうそく立ても作って、

f:id:mizugame23:20190402082024j:plain

たくさんできました。

「学校の図工は大嫌いだし、成績もよくないけど、本当はこういうことするの、好きなんだ~」とつぶやく子もいました。

f:id:mizugame23:20190402082032j:plain

子どもも大人もみんな一緒に。

 本物の素材を与えることで、子どもだって、大人と同じように美しいものを作ります。「子どもだから」と品質の悪い素材や、牛乳パックやラップの芯などの廃材を与えて、「できるものもこの程度」では、もったいないですね。それは、「リサイクル」に見えるけれど、実は単なる消費、浪費なんです。 てしごと はじめのいっぽ横浜シュタイナーこどもの園 担任教師鈴木まゆみインタビューより

 初めから本物に出会うこと、そこで感じる体験は、一生その子の体に残ります。

——-

ろうそくの作り方は、こちら⬇︎に掲載。

wonderste.thebase.in

 

電子書籍はこちら⬇︎

 

 

f:id:mizugame23:20190402081822j:plain

 ろうそくの材料はこちら

wonderste.thebase.in

 

ハンドメイドの会には、赤ちゃんや子どもがたくさん 。

どうぞお気軽にお越しください。

 

4/10(水) 羊毛ボール お申込みはこちら

f:id:mizugame23:20190402084852j:plain

4/25(木)ちいさなこびと お申し込みはこちら

f:id:mizugame23:20190402084533j:plainそして

4/28(日)はハンドメイド祭り。

大人気の手仕事ばかり、ギュギュっと集めました。ご家族みんなできて、それぞれお好きなアイテムに挑戦してみてください!

 

虹染め お申し込みはこちら

f:id:mizugame23:20190402084609j:plain

 

お父さんにオススメ!積み木 お申し込みはこちら

f:id:mizugame23:20190402084601j:plain

 

フェルトポーチ お申し込みはこちら f:id:mizugame23:20190402084548j:plain

   

ハンドメイド講座

f:id:mizugame23:20181209072301j:plain

おはなし会として、

シュタイナー子育てからヒントをもらうお話会~のびのび育つ 個性と才能の根っこ~」というものも、月一回開催しています。

第6回 4/5(金)は満席につき、7回目の開催は5/18(土)になりました。
詳細はこちらで。

シュタイナー子育てからヒントをもらうお話会~のびのび育つ 個性と才能の根っこ~

 「てしごと はじめのいっぽ」や手仕事の材料など

wonderste.thebase.in