てしごと はじめのいっぽ!

日々の暮らしに手仕事を。

トランスパレントスターの季節です

寒い冬に、暖かい部屋で作るのが楽しいトランスパレントスター。

f:id:mizugame23:20181201145147j:plain

いつものは飽きたので、短い辺を半分にしてみた

子どもが踏んでぐしゃぐしゃにしたヤツ。

もったいないので何か作りたいのですが、大きく使うとしわが目立つので、細くしてみました。

f:id:mizugame23:20181201142140j:plain

せっかくだから、もうちょっとシュッとさせたい……

基本の折り方(cf. 拙著「てしごとはじめのいっぽ*1」に掲載) で折ってみましたが、中央部分がなんだか頼りない……「細さ」が活かされていない感じ。

f:id:mizugame23:20181201144001j:plain

こう折ればシュッとするのでは

気の向くままに折ってみると

f:id:mizugame23:20181201144021j:plain

シュッとした!

 まあ、こんなもんかな。 

f:id:mizugame23:20181201142217j:plain

いい感じ。右下の天使のトランスパレントは、友人のアーチスト・みどりさんのオリジナルデザインです。

8枚揃ったところで、貼り合わせます。

おお、念願のシュッとしたやつ。重なりの部分が多いので、しわも目立たないような気がする。

天使のデザインは、折り図販売しています。

f:id:mizugame23:20181201144656j:plain

折るときの、ちょっとしたヒントとしては、細い用紙は、貼るときにずれやすいので、ノリをあらかじめ塗るとよいかも。

 窓に貼るのは、原始的にセロテープをくるっとして作る両面テープか、スティックノリを多めに塗って貼ると良いです。

細い星、丸っこい星、いろいろできます。こうしたらどうだろう? と、どんどん工夫してみてください。

9枚折って、一枚はサンプルとして取っておくと、もう一度作りたいときのための記録になりますよ。

トランスパレントスターは、シュタイナー幼稚園やシュタイナー学校ではよく見るものですが、それだけじゃもったいない! 簡単なので、ぜひご家庭で楽しんでもらいたいです。大人も心から「美しい!」と思えるものが作れますよ。

使用されている用紙は、ヨーロッパの凧の紙だそうです。半透明で張りがあります。

天使の折り図は、↓こちらに含まれています。

折り図単品はこちら

 

 

今、「てしごと はじめのいっぽ」第1号に掲載されている3アイテムを全部ちょっとずつ作れるセットも準備中。しばしお待ちを~

ーーーーーー
「てしごと はじめのいっぽ」

f:id:mizugame23:20181110193733j:plain

 

wonderste.thebase.in

 

*1:

てしごと はじめのいっぽ: 手でつくる 手をつくる こどもとわたしのための 自然素材のハンドメイドレシピ 

【製本版】mail@wonders.fun にメールでご注文 または wonderste.thebase.in

KindleAmazonで「てしごと」で検索 または
https://www.amazon.co.jp/dp/B07K9XKMXK/ref=cm_sw_r_cp_api_4cj5BbVYVZWRK