てしごと はじめのいっぽ!

日々の暮らしに手仕事を。

糸かけ刺繍カード オンラインワークショップのお知らせ

「幾何学を楽しむ手仕事」というと、 最もやさしいものは、紙細工のトランスパレントスター そして、いわゆる「糸掛け曼荼羅」 それから、同じ糸かけでも、カードに刺繍する 「糸かけカード刺繍」。 いずれも、「法則」にのっとって作るので、 誰がやっても…

オンラインと手仕事

手仕事のオンライン講座を開催しています。 できないと思っていたことができたり、できると思っていたことができなかったりで、参加者の方々には、日々試行錯誤にお付き合いいただいています。 一番意外だったのは、「手仕事」と「オンライン」の意外な相性…

<無料・オンライン>刺し子の練習会を開催

なんだか、パッとしない日々ですね……。 丈夫で健やかに育つ象徴でもあり、魔除けの文様でもある「麻の葉」の刺繍の練習会をしますので、ご一緒にいかがですか。 作図から始めますので、連続模様でも、ひとつでもOK。 マスクに刺繍することもできます。 だっ…

こども手仕事~きんちゃく袋の作り方

サイズを考える 材料と道具をそろえる <道具> A. 型紙を作る B. 布を切る(裁断) C. 印を付ける D. 縫う D1.一つ一つの袋を作る D2. 重ねる D3. 返し口を綴じる D4. 紐とおし口のステッチ E. 仕上げ キット販売 縫い目と縫い代が表に出ないデザインなので…

こども手仕事 雑巾の作り方

雑巾なんて、縫い方を説明するほどのこともないものですが、講座で教えているやり方を掲載します。 親子手仕事をイライラせずに成功させる「ちょっとした工夫」がいろいろありますので、ぜひご覧になってください。 1.フェイスタオルを半分に切ります。 こ…

こども手仕事~ぞうきん編

親子で針仕事の会、雑巾チームの作品を紹介します。 小4のお兄ちゃんは、とにかく速い。途中で「あ!オレ分かっちゃったかも!!」と呟いていました 小2のお姉ちゃんは、とても丁寧。 縫い目が細かく、まっすぐです。最低限のところを縫って、疲れちゃったの…

こども手仕事~きんちゃく袋編

そういえば、子どもで手仕事を習える場ってあまりないよね……という思い付きから、試しに企画してみた「親子手仕事の会」。 巾着袋チームをご紹介します。 この袋は、 できるだけ工程を減らして 縫い代の処理が楽または縫い代が表に出ない 縫い目が表に出る箇…

正しくありたい

2020年最初の手仕事サロンには、「刺繍ボールをやりたくて!」という新しいメンバーが加わりました。 まずはボールを育てるところから。 2回目、仕上がったボールにラインを付けていきます(↓の写真)。 左右・上下対象になるように。でも、物差しを使うのは…

「急がば回れ」~ 手仕事クラスに中学生が参加してくれました。

手仕事の集いを長らく開催してきましたが、社会の変化に伴い、参加者も変わってきました。特に今年は、子連れのお母さんの参加者がめっきり減りました。 ここ数年は、育休中のお母さんも多かったのですが、今や育休が1年未満というお母さんが4割近く。 当然…

羊毛を紡ぐ

糸かけ幾何学アートとは打って変わって、今回は「羊毛紡ぎ」をご紹介します。 これまでもハンドメイド講座の中で「編み物」は扱ってきましたが、その前の「糸づくり」から始めるのは、新しい試みです。 毛糸も縫い糸も、買うのが当たり前。でも、この世界の…

数のふしぎ・糸かけ幾何学アート(4)材料

最後になりましたが、材料について。 板 ▼ サイズ 64本の場合は30cm四方、48本の場合は20㎝四方 の、正方形。釘の本数が少なければ、小さい板で制作可能です。 円形の場合は、直径がそれぞれ上記サイズになります。 厚さは12mm以上。 薄い木材は反りが…

数のふしぎ・糸かけ幾何学アート(3)糸かけ

いよいよ糸かけです。糸かけは、いろんなやり方があり、どんな発想も間違いはありません。 今回ご紹介する糸かけは、ある一定の本数ごとの釘に糸をかけていって、起点に戻ったらおしまい、というものです。 一筆書きのようなものです。 一筆書きで、すべての…

数のふしぎ・糸かけ幾何学アート(2)型紙の作図(48本の釘編)

糸かけ幾何学アート(「糸かけ曼荼羅」「糸かけ数楽」「ストリングアート」としても知られています)の制作から理論・トリビアまで、「ほぼ」すべてを公開しています。 これさえ見れば、作れます。 「残された部分」は、心身の動きの中でしか伝えられないこ…

数のふしぎ・糸かけ幾何学アート(1)プロローグ&型紙の作図(64本の釘編)

糸かけ幾何学アート(「糸かけ曼荼羅」「糸かけ数楽」「ストリングアート」としても知られています)の制作から理論・トリビアまで、「ほぼ」すべてを公開しています。 これさえ見れば、作れます。 「残された部分」は、心身の動きの中でしか伝えられないこ…

勘のいい子を育てるためのヒント

手仕事を教えていて面白いのは、毎回新しい発見がある、ということです。 糸掛け刺繍カードを知ってからもう10年以上たちますが、先日のワークショップで突然腑に落ちたことがありました。 この「花」のデザイン。 この穴だけを見て初めてでも、見本を見なが…

話半分がいい加減。聞き上手なお母さんになろう

手仕事のワークショップ「糸掛け刺繍カード」を開催しました。 長い長い梅雨が明けて、やっと夏休み。 幼稚園児のお子さんたちを連れたお母さん方が参加されました。 最初は「お母さんと遊びたいな~」と言っていた女の子。 お母さんと何して遊ぶの? と聞く…

すぐそこにある 豊かな子そだて

「できない!できない!」と騒ぎながらとりあえずひとつ作り、ふたつめで「分かった!」となるような、走りながら考えるタイプもいれば 最初から、なぜかうまく形になる人もいる。 そして、ゆっくりゆっくり、休みながら、ひとつ仕上げる人も。 「てしごと …

聞いちゃいなくても、伝え続ける。

お久しぶりです。 日曜日、Umiのいえにて、「籐かご作りワークショップ」をやってきました。 ハンドメイド講座の土日開催は、育休時代に手仕事講座に来ていたけれど、復帰してなかなか来れなくなった方のために……とはじまりました。 平日フルタイムで働いて…

てしごとひろばCaféレポート with 5月のごはんの友レシピ

てしごとひろばCaféのもう一つのお楽しみは、ごはんタイム。 café、とは名ばかりの、持ってきた容器のまま出す、洗い物を減らす普段着スタイル。 でも、「すごい気楽……」と好評なのです。 ●割り干し大根と厚揚げとショウガの煮物。 →醤油とみりんで煮る。 ●…

てしごとひろばCaféレポート/意外にフツウ、なシュタイナー幼稚園

てしごとひろばCaféの日でした。 棒針編み、赤ちゃん人形、刺繍ボール。 てしごとひろばCaféは、テーマは自由。 だから、まず「何をやりたいですか?」と聞かれます。それぞれのやりたいことに取り組みます。 何がやりたいか皆目見当も付きません、と…

手仕事の国、ラトビアに行ってきました

家族の用事に付き合って、バルト三国のラトビアという国に行ってきました。 時差ボケなのか旅の疲れなのか、なかなか調子が戻らなくて、そして何より首都リガの滞在が素晴らしすぎて、帰国してからウツウツとしていたのですが もうすぐ娘の学校のバザーがあ…

NEWS! てしごと活動情報

講座開催予定 材料の販売 \オンラインサポート付き/キットいろいろ 【小4~大人】糸かけ幾何学アート 【小4~大人】きんちゃく袋を作ろう会 【中学生以上】麻の葉から始める刺し子の練習会 【未就学児の保護者対象】シュタイナー幼児教育に学ぶ「観察す…

はじめての編みもの

4月のUmiのいえハンドメイド講座にて。 先月の「編みボール講座 1回目」で、はじめて棒針を持ち、「手がつりそう!!!」と言いながら、何回も作ってほどいて、少しずつ進めていたリエさん。 編地を持ってきて、続きに挑戦しました。 4月1日に1歳になっ…

初心者さん必見。こどものおもちゃを作るなら……

てしごとひろばCaféでは、「作るものは自由。どんなものでも持ってきてください」とご案内していますが、「何から始めたらいいのかわからない」というお声をいただきました。 ……そりゃそうですね……。大変失礼いたしました……。 今回は、初心者さんに作りやす…

気軽に手軽に「ごはんの友」のレシピ

さて、昨日の記事で予告しました通り、本日はレシピ公開いたします。 てしごとひろばCaféでは、その場でごはんとスープを作り、あとのおかずは「テキトウ」をモットーとしております。 家に帰って毎日の生活の中で再現できないと意味がない!というのは、お…

てしごとひろばCafé はじまりました

横浜シュタイナーこどもの園での、「てしごとひろばCafé」がはじまりました。「家にある、そのままになっているもの」や、「てしごとワークショップに参加したけれど仕上がらなかったもの」など、いろいろとお持ちいただいて、それぞれのペースで、子どもの…

手仕事がお母さんに必要な理由

「一億総活躍」とか「輝く女性」とかいう言葉が、数年前から聞かれるようになりました。内閣府が掲げたキーワードです。 そもそも、生きてるだけで十分輝いているし、死してなお、誰かの胸の中で輝いているのに。生きるって、そういうことでしょう? それに…

ゆっくり、ゆっくり

みつろうキャンドルづくりのワークショップを開催しました。 春休みだったので、子どももたくさん参加がありました。 大人も子供も、みんな真剣。 アツアツの蜜蝋を使うので、危ないかな~?、と思いきや、「ゆっくり、ゆっくり~」と静かに声をかけると、じ…

手仕事は、過程が大事?

2月前半のハンドメイド「紐」には、たくさんの方にお集まりいただきました。 3歳までの子供に必要なおもちゃは、多くは必要はありません。 その中でも「あったらよいもの」の代表が、紐。 企画段階では、「若いお母さんには地味過ぎないかな」と懸念もしま…

子育ての中に手仕事を

「子どもがそばにいても、お母さんも楽しめる」 というと、「子どもがそばにいるから」の間違いのようですね。 でも、小さい子のお母さんは特に、子どもがいるときは子ども優先、お母さんはガマン、ガマン……で、子どもを預けて、一人になってこそ、お楽しみ…